ゴーンの話と赤穂浪士の話

ゴーンの話と赤穂浪士の話ですが、
松戸豚さんは
自分は悪い事をしていないこと と 精神的に病んでいること を

ゴーンさんの立場を勝手に重ねて話したのだと思いました。

そして

赤穂浪士の話は、Morleyを吉良上野介に例えて、

豚を理解した人が恨みを晴らしてくれる、と。

 

そう思ったのでかなり病んでいると思ったのです。

 

最後まで自分の非を認めない。

自分を客観視できないが、自信に溢れている。
サイコパスが苦しむ点です。

 

だから

とにかく

休んでください。

 

あなたが非を認めない限り

この戦いは終わりませんから。

 

あなたの周りの人のほとんどが去っていきました。

そして、この人たちがこれからのあなたのアンチです。

 

非を認めるのは勇気でもなんでもない。

自分が楽になる第一歩。

そしてあなたが非を認めてyoutube経由で犠牲者を作らなくなった時、

このブログは終わります。

 

今年はお互いに違う年にしましょう。